借主が新たにDIY工事をしたいという場合はどうすればいいの?

当初の契約とは異なる DIY工事を行う場合には、契約時と同様の申請が必要です。