住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業実施報告書

初入居後40年以上が経った毘沙門台団地は、住民の高齢化が進んでおり、丘陵地を造成した団地という点を含めて広島都市圏における典型的な郊外型団地である。 この毘沙門台団地を舞台に、多岐に亘る作業を通してそこに横たわる課題を見つけ出し、その課題解決のモデルを探る一連の取組みが本事業の概要である。 またその中から、団地内の空き家およびその予備軍の流通促進を図り、持続可能な団地として再生させる施策の具体像を提示することを目的として事業を遂行した。 報告PDFはコチラ